2013年12月6日金曜日

きょんきょんの日々是精進之記

普通の会社に勤めていれば

赤ん坊に接する機会はそうはない。

だがテアトルアカデミーは違う。

赤子がいっぱいだ。

日々精進を志す私たちは、

赤ちゃんとのコミュニケーションを考える必要がある。

これがなかなか難しい。

0歳児に至っては言葉さえ通じない。

だが本当にそうだろうか。

「好きな食べ物は?」と尋ねてみる。

「ハム」

「どこに住んでいるの?」

「ハイム」

「鳥が大空を?」

「マウ」

もしかして本当はわかって答えているのではないかと疑いたくなる。

最近の研究に、赤ちゃんは大人以上に「空気を読む」。

KY能力に優れた存在だという報告があった。

あやしているつもりが実は、あやされているのは

私たち大人なのかも知れない。