2013年6月12日水曜日

最近、空見てますか?


1982年といえば生まれていない所属生の方も多々いらっしゃるかと思いますが
この年の大ヒット曲の「待つわ」を知っている人は多いのでないでしょうか?
大ヒットの要因は多々あると思いますが、この歌詞がすごいなって思ったのです。

簡単に言うと失恋の歌なんですが、
この歌の主人公は当初、周囲から何やかや言われ、
生きるのが辛いほどの思いをしているようなんですね。
ところが、青くて広い空、流れていく雲をながめていくうちに
失恋の相手をいつまでも待とうという強い決意をもっていくのです。

失恋相手を待つことが最善の方法かはさておき、
空を眺めるうちに、心が変化していくようなんですね。
そこがすごいなって思ったんです。

私たち人間の悩みなんて、空の広さ、大きさに比べたらちっぽけなもの。
しかし悩みを抱えているときは、そんなことは忘れて、ただただちっぽけなことばかりに
とらわれてしまう。

そんなときは空を見よう。風に流されていく雲をながめて見よう。宇宙規模で考えたら
人間の悩みなんて、星屑のひとかけらよりもちっぽけではないか。
この曲には、そんなメッセージがこめられているのかもしれない。
だからこそ大ヒットにつながったのではないかと思えてきたのです。

思えば、自然を意識した曲というのは世の中に多く存在しているような気がします。

ついついちっぽけなことにとらわれ、悩みのつきない日々ですが、
そんなときは空を見上げ、雲の流れを追いかける心の余裕を持たなければとあらためて思う
エスでした。

「そうだ!空を見よう!!」                


フロム エス。