2013年3月19日火曜日

人間なんてララーラーララララ~ラ~♪

みなさん、こんにちは。ATSUSEAのヴォーカルATSUSHIです。

わたくし、以前『社会心理学』(※1)を学んだこともあり、人の行動や発言を見聞きし、色々分析するきらいがあります。
※1…日常の人の行動や言葉によって法則性を導きだす学問。集団だったり組織の中での個人の行動だったり、ジェンダー(性別)による行動の違いの研究

最近気になったのは某アーティストの失恋に関するお話。
で、そのアーティストが近日曲をリリースするのですが、その曲に対し某番組で、

「歌詞が失恋を引きずってますねえ」

とのこと。
それに便乗するかのように、「失恋を商売にするなんてどうなの?」だったり「女々しい」的な視聴者の書き込み。

そもそも歌というのは自分の想いだったり、やってきたことを表現するものだと思うんですよね、ボカァ(ちょっとアーティストっぽく)。

普段は「○○の歌って共感できるよね~」とか言っている方々が、今回のようなChange of the heart(恐らく間違えているだろう、英語)。

これをわたくし、社会心理学的に分析(社会心理学にならないかもしれませんが)!


普段のラブソング
・恋愛の状況を明確に表現していないため(場合によっては「これは失恋ソングなんですよ」と名言することもありますが)、リスナーの主観で状況や状態の受け入れ方を変えられる
・アーティストの恋愛対象が明確に見えない分リスナーの想像の余地があり、自分に重ねて感情移入しやすい


今回のラブソング
・誰と誰の恋愛いう答えが明確になっている分、リスナーが想像力を描き立てる余地がすくなる、感情移入しづらい


以上の考察により、人はその出来事そのものに心が動くのではなく、物事の情報量により心の移ろい方が変わるのだという答えを導き出しました。




表現者を目指す皆さん、僕を見習い物事を色々な面から見る訓練を普段から心がけてくださいね(何故か上から目線)



それではまたお会いしましょう(^o^)/